稲作のメリット5:備蓄の安心感

どこに行っても食べていける!
自給自足専門の稲作スキルを身につけるオンライン講座🌾

お米の素晴らしいところは、当たり前のようですが保存ができるということ。

以前マルシェの運営をしていた時、特に葉物の野菜はすぐに傷んでしまいました…

その点、お米は保存がきくので長期間でも販売できるし、海外に送るとなっても保存のため薬や添加物をまく必要もありません。

白米にしてしまうと酸化してしまうので少し痛んでしまいますが、玄米ならさらに持ちは良くなります。冷蔵庫に入れておけばより安心です。

さらに、玄米の前の籾の状態なら冷蔵庫に入れなくても保存がきくので、備蓄用の食料として保管しておくこともできるし、この籾が種にもなります。

私もお米が常に一定量あるので、何かあっても食べていけるという安心感もあります。

何が起こるかわからない時代なので、もしものためにぜひお米作りを始めてみませんか?

どこに行っても食べていける稲作スキルのオンライン講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。